好意同乗者が乗る車が事故を起こした時に好意同乗者にも賠償責任は発生するのか?

好意同乗者とは車に乗せてもらった人のこと

好意同乗者とは、たとえば、会社から帰る際、Aさんとたまたま帰る方向が同じなので、Aさんが運転する車に同乗して帰った場合のように、運転手の親切心により車に乗せてもらった者のことをいいます。しかし、もしその帰り道にAさんが事故を起こしたことにより自分も怪我をしてしまった場合、Aさんに損害賠償請求ができるのでしょうか。
これについては、原則として、Aさんに賠償責任があるといえます。好意同乗者であっても、賠償責任は免除されないので注意しましょう。

好意同乗者にも様々なケースがあるためケースに応じた賠償責任をおうことになる

ただし、好意同乗にもいろいろなケースが考えられます。
先ほどのように、運転者の好意で同乗者した場合(無償同乗)以外にも、運転者の意思に反して同乗した場合も好意同乗にあたります。また、酔っぱらい運転の車に同乗した場合や同乗者にも運行目的(運転手と交代しながら旅行先へ向かうなど)が認められる場合も好意同乗にあたります。
このように好意同乗には、いろいろなケースがあるので、そのケースに応じた賠償責任を負うことになります。また、同乗者にも損害賠償請求が認められますが、一般的には損害賠償金額を減額しています。減額には、慰謝料のみが減額される、もしくは、全損害金額から同乗者の過失などを考慮して減額する場合があります。
なお、好意同乗者であっても、運転手に賠償責任を負わせることが著しく不公平であると認められるときは損害賠償請求ができないので注意しましょう。おそらく、好意同乗は普段の生活の中で多々あることなので、ぜひ覚えておきましょう。